即日でお金を借りる際に必見の融資審査のポイントをまとめてみました。

MENU

即日でお金借りる時の融資審査のポイントはなに?

 

急にお金が必要になった時、どのようにしてお金を工面すればよいのでしょうか?

 

お金の使用目的によって工面の仕方は多少異なります。

 

例えば、「売るもの」があり、そこまで急ぎで即日お金が必要でなければ、オークションや質屋を利用してもいいでしょう。

 

しかし逆に、とにかく即日中にお金が必要なのであれば、即日融資対応のカードローンやキャッシングなどで即日お金を借りた方がよいでしょう。

 

例えば「手術の費用」と「学費の工面」は緊急性が全く違いますよね?

 

ですから、まずはお金を借りる目的が「本当に必要性のあるものか?」を考えるのが良いです。

 

 

このようにお金を借りる目的をしっかりと考えないと、それに適したお金の工面の仕方ができず、「即日お金借りる必要があったのに間に合わなかった」という状況も起きてしまいます。

 

このサイトでは、様々な「お金の工面の仕方」「お金を借りる方法」「即日お金借りる際の審査のポイント」をご紹介していきましょう。

 

 

公的融資でお金借りる!

 

「リストラされてしまいお金や職がない」
「働く意思はあるけど、中々就職できず生活費に困っている」
...そんな場合は公的な機関の窓口でお金を借りる相談してみると良いでしょう。

 

市町村役場の「生活福祉課」や関連の窓口で相談し、生活保護費を受給するのが良いかと思います。

 

そのほか緊急小口資金貸付などのお金を借りる制度も準備されています。

 

また、上述したように急病で手術の費用が必要といった場合は「社会福祉協議会の生活福祉資金」を利用する手もあります。

 

これらの国に公的融資は、基本的に「低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯」を対象に貸付を行っています。

 

連帯保証人なしでもお金を借りることは出来ますが、保証人を付けたほうが無利子で借入できますので返済負担が軽くなります。

 

 

 

ただ、国の公的機関は「お金を借りるための条件」が非常に厳しいことでも有名です。

 

また、即日お金を借りることは基本的に難しいのもデメリットといえるでしょう。

 

基本的にはお金を借りることができるまで、数週間はかかると見た方が良いです。

 

そのほか、公的融資の審査自体も非常に厳しいものとなります。

 

仮に「飲み会などが続いて今月ピンチだからお金借りる」といった感じであれば、申し込みの段階で門前払いに合うでしょう。

 

基本的には「みんなの税金からお金借りる」ということになりますので、そう簡単にお金を借りることはできないのです。

 

 

ネットオークションでお金を作る!

 

「お金が必要だけど、借りたりするのはイヤだ」...そう考えているのであれば、ヤフオクなどのオークションで者を売ってお金を作るのもオススメです。

 

そのほかにも、リサイクルショップなどで物を売ることも可能です。

 

もし近くにブックオフやハードオフのような店舗がない場合は「出張買取サービス」を行っているところを利用すれば良いでしょう。

 

 

 

このように、ネットオークションや出張買取など、今は昔と違い簡単にお金を作るようになりました。

 

ただ、デメリットとしては「そこまで大きな金額になることは少ない」ということです。

 

よっぽどのレア物を売るのであれば3〜4万円ぐらいになるかも知れませんが、基本的には1〜2万円ぐらいになれば御の字という感じでしょう。

 

 

質屋では実はお金を借りることも可能!

 

もし「金目の物はあるけど売りたくない」という人は「質屋」を利用するのも良いでしょう。

 

品物を担保として預け、お金を借りることができるのが「質屋」です。

 

質屋に直接出向く必要がありますが、即日お金借りることも可能なので、ある意味、即日融資みたいなものといえるでしょう。

 

質屋のシステムとして、基本的に「3ヶ月以内に借りたお金と利息」を返済しなければなりません。

 

もし仮にお金を返済できなかった場合は、預けた品物の所有権を失いますので、注意してください。

 

 

 

このように、質屋というのは上手く使えばすぐ即日でお金借りることも可能です。

 

ただし、「預ける品物」がないのであればお金を借りることはできません。

 

もし担保となる物が無いのであれば、下記で紹介するカードローンでお金を借りるのが良いでしょう。

 

 

お金借りるなら即日融資対応のカードローン

 

ここまで紹介した「お金を作る方法」は、正直、どれも時間と手間がかかるものです。

 

いますぐに現金を作る方法というわけではありませんので、「時間がない」「即日でお金借りたい」という人には向いていません。

 

仮に、働いていて安定した収入があるのであれば、消費者金融や銀行のカードローンのキャッシングでお金を借りるのがオススメです。

 

基本的に、大手であれば即日融資に対応しているところが多いので、即日でお金借りることも難しくはありません。

 

中には「最短1時間で即日お金を借りることが可能」というところも珍しくありませんから、緊急にお金が必要な場合はカードローンでお金を借りるのが手っ取り早いのではないでしょうか?

 

ただし、即日融資でお金を借りるにはある程度の条件を満たさなければいけないので注意しましょう。

 

 

 

多くの場合「平日に申込むこと」「午後14時ぐらいまでには契約を完了すること」という締め切り条件が設けられています。

 

もし、これらを守れなければ即日でお金借りるのは厳しくなりますので、注意が必要です。

 

また、カードローンでお金を借りることは、いわゆる「借金」ですから返済をしなければいけません。

 

申込をする前に必ず計画を立てることをお忘れなく。

 

 

土日に即日融資でお金を借りるには?

 

上記で大手カードローンであれば即日融資でお金を借りることができると述べました。

 

ですが、条件の中に「平日に申込まなければ、即日お金借りることはできない」というのがありましたよね?

 

では、土曜日や日曜日の休日は即日お金借りることはできないのでしょうか?

 

これに関してですが、銀行のカードローンでは土日祝にお金を借りることはかなり厳しくなります。

 

 

 

なぜなら「銀行のカードローンには自動契約機がない」からです。

 

この自動契約機は大手の消費者金融であれば、ほとんどの消費者金融が所持しています。

 

自動契約機というのは、無人の契約機のことで、ネット申し込みと違い夜遅くまで契約することが可能です。

 

また、無人ですので土日や祝日などの休みの日でも営業していて契約が可能です。

 

そのため、土日祝でも即日お金を借りることが可能なのです。

 

ですが、「自動契約機に出向かなければいけない」というデメリットがあるということも覚えておきましょう。

 

もし休日に即日でお金を借りる必要があるのであれば、「自動契約機のある大手消費者金融」を選ぶのが最善の策といえます。

 

 

銀行と消費者金融!どっちでお金を借りるのがいい?

 

カードローンでは即日お金借りることも可能と述べましたが、消費者金融と銀行ではどちらのカードローンを選ぶのがお得なのでしょうか?

 

ここでは銀行と消費者金融のどちらでお金を借りるのがベストなのかご紹介していきます。

 

 

まず、銀行のカードローンでお金を借りるメリットについてです。

 

銀行のカードローンで一番最初にあげられるメリットは「金利や利息が安い」ということです。

 

さすがは銀行といった感じで、消費者金融などよりも「損をしないでお金を借りることができる」といえるでしょう。

 

次にあげられるのが「安心・安全」ということです。

 

銀行というのは、かなり信頼のおける金融業者です。

 

半公共事業といっても過言ではないでしょう。

 

ですので、闇金のように法外なり即日を吹っ掛けられることは100%あり得ません。

 

もし何か不祥事が起きようものなら、マスコミなどに叩かれまくるため、銀行側も顧客に対する対応はかなりちゃんとしています。

 

このように、銀行のカードローンというのはかなり安心感があり、利息も安いという大きなメリットがあります。

 

 

 

ですが、銀行のカードローンというのは「審査が厳しく、即日でお金を借りることは難しい」というデメリットがあります。

 

中には即日融資が可能な銀行のカードローンもあります。

 

ですが、大手消費者金融などに比べて締め切り時間が早かったり(12時ぐらいまで)、自動契約機がなかったりとかなり即日融資でお金を借りるのは正直難しいのです。

 

もちろん、自動契約機がある銀行はほとんどないので、休日にカードローンで即日お金を借りることはできません。

 

このように、銀行は安心感はあるが、スピード感を持ってお金を借りるkとはできないのです。

 

 

急ぎでお金を借りるなら大手消費者金融で

 

上記で銀行のカードローンのメリットやデメリットをまとめて紹介しました。

 

では、消費者金融はどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

まず、消費者金融でお金を借りるメリットとしては「即日融資でお金を借りることができる」という面です。

 

この「即日お金借りることが可能」というのが、大手消費者金融の大きなメリットともいえます。

 

また、大手消費者金融では自動契約機もあるため、休日でも即日にお金を借りることは可能です。

 

このように即日融資が可能だったり、一見メリットだらけの消費者金融ですが、デメリットは何なのでしょうか?

 

まず、銀行のカードローンでお金を借りるよりも「金利や利子が高くなる」ということです。

 

また、消費者金融でお金を借りる場合、総量規制というものが関わってくるため、年収の1/3以上はお金を借りることができません。

 

つまり、他の金融でお金を借りまくっていれば、総量規制に引っ掛かってしまい、新たにお金を借りることはできなくなるというわけです。

 

その他のデメリットとしては、消費者金融は銀行に比べ「安心感がない」ということです。

 

これに関しては、大手の名の知れた消費者金融であれば特に問題ありません。

 

ですが、中小のサラ金業者や中堅の消費者金融ですと、中には闇金が混じっている可能性もあるのです。

 

 

 

このように消費者金融でお金を借りる場合、即日融資が可能なので急ぎの方には非常に頼もしい存在です。

 

しかし、安心面や金利の面ではやはり銀行系カードローンには勝てません。

 

現在、自分のが「急ぎでお金を借りる必要があるのか?」「安心さや金利が低い方がいいのか?」というのを天秤にかけながら金融業者を決めるのが良いでしょう。

 

 

即日融資でお金を借りるための審査のポイントは?

 

大手消費者金融のカードローンであれば、即日お金借りることも十分に可能であることがお分かりいただけたでしょうか?

 

しかし、カードローンでお金を借りるには「融資審査」に通過しなければなりません。

 

では、即日でお金を借りるための審査のポイントは何なのかをご紹介していきましょう。

 

まず、即日でお金を借りる上では、審査に申込むのは午前中に済ませるというのが非常に大きなポイントとなります。

 

例えば、14時までに契約完了しなければ即日お金を借りることはできない場合、正午12時ぐらいから申込をスタートさせるのは正直、即日で間に合わない可能性が出てきます。

 

仮に融資審査が長引いてしまい、14時を過ぎてしまうことも考えられます。

 

また、審査申込が殺到していて審査が遅れてしまう可能性だって考えられます。

 

ですので、できるだけ午前中に審査申込を済ませるのが即日お金を借りやすいといえるでしょう。

 

次に注意したいのは、「カードローンでは借りたい希望金額が大きければ収入証明が必要」ということです。

 

多くの場合、50万以上のお金を借りるときは、審査時に必要書類として「収入証明書」を提出しなければいけないのです。

 

この収入証明書は、当日すぐに用意するのはなかなか難しいものがあります。

 

ですので、仮に申込を午前中の早い時間に行っても、収入証明を用意していなかったから即日お金を借りる事ができなかったとなることもあるのです。

 

もし大きい金額のお金借りるのであれば、「事前に収入証明がひつようなのか?」「すぐに用意できるかどうか?」をよく確認しておきましょう。

 

これらの2つのポイントは、一見当たり前と思うかもしれません。

 

ですが、いざ即日融資でお金を借りるとなったとき、意外と見落としやすいので気を付けてくださいね。


みんなが選ぶ人気の
カードローン業者はココ!
↓ ↓ ↓ ↓