即日でお金を借りる際に必見の融資審査のポイントをまとめてみました。

MENU

即日でお金借りる時の融資審査のポイントはなに?

 

急にお金が必要になった時、どのようにしてお金を工面すればよいのでしょうか?

 

お金の使用目的によって工面の仕方は多少異なります。

 

例えば、「売るもの」があり、そこまで急ぎで即日お金が必要でなければ、オークションや質屋を利用してもいいでしょう。

 

しかし逆に、とにかく即日中にお金が必要なのであれば、即日融資対応のカードローンやキャッシングなどで即日お金を借りた方がよいでしょう。

 

例えば「手術の費用」と「学費の工面」は緊急性が全く違いますよね?

 

ですから、まずはお金を借りる目的が「本当に必要性のあるものか?」を考えるのが良いです。

 

 

このようにお金を借りる目的をしっかりと考えないと、それに適したお金の工面の仕方ができず、「即日お金借りる必要があったのに間に合わなかった」という状況も起きてしまいます。

 

このサイトでは、様々な「お金の工面の仕方」「お金を借りる方法」「即日お金借りる際の審査のポイント」をご紹介していきましょう。

 

 

市役所や国の公的融資でお金借りる!

 

「リストラされてしまいお金や職がない」
「働く意思はあるけど、中々就職できず生活費に困っている」
...そんな場合は市役所などの国に公的な機関の窓口でお金を借りる相談してみると良いでしょう。

 

市町村役場の「生活福祉課」や関連の窓口で相談し、生活保護費を受給するのが良いかと思います。

 

そのほか緊急小口資金貸付などのお金を借りる制度も準備されています。

 

また、上述したように急病で手術の費用が必要といった場合は「社会福祉協議会の生活福祉資金」を利用する手もあります。

 

これらの国や市役所の公的融資は、基本的に「低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯」を対象に貸付を行っています。

 

連帯保証人なしでもお金を借りることは出来ますが、保証人を付けたほうが無利子で借入できますので返済負担が軽くなります。

 

 

 

ただ、国や市役所などの公的機関は「お金を借りるための条件」が非常に厳しいことでも有名です。

 

また、即日お金を借りることは基本的に難しいのもデメリットといえるでしょう。

 

基本的には国や市役所からお金を借りることができるまで、数週間はかかると見た方が良いです。

 

そのほか、国や市役所ですから公的融資の審査自体も非常に厳しいものとなります。

 

仮に「飲み会などが続いて今月ピンチだからお金借りる」といった感じであれば、申し込みの段階で門前払いに合うでしょう。

 

基本的には国や市役所の公的貸付制度は「みんなの税金からお金借りる」ということになりますので、そう簡単にお金を借りることはできないのです。

 

国や市役所の公的融資についてはココ

 

 

ネットオークションでお金を稼ぐ!

 

「お金が必要だけど、借りたりするのはイヤだ」...そう考えているのであれば、ヤフオクなどのオークションで者を売ってお金を作るのもオススメです。

 

そのほかにも、リサイクルショップなどで物を売ることも可能です。

 

もし近くにブックオフやハードオフのような店舗がない場合は「出張買取サービス」を行っているところを利用すれば良いでしょう。

 

ヤフオクの仕組みや注意点についてはココ

 

 

 

このように、ネットオークションや出張買取など、今は昔と違い簡単にお金を稼ぐことができるようになりました。

 

ただ、デメリットとしては「そこまで大きな金額を稼げることは少ない」ということです。

 

よっぽどのレア物を売るのであれば3〜4万円ぐらいのお金を稼ぐことができるかも知れませんが、基本的には1〜2万円ぐらいになれば御の字という感じでしょう。

 

 

質屋では実はお金を借りることも可能!

 

もし「金目の物はあるけど売りたくない」という人は「質屋」を利用するのも良いでしょう。

 

品物を担保として預け、お金を借りることができるのが「質屋」です。

 

質屋に直接出向く必要がありますが、即日お金借りることも可能なので、ある意味、即日融資みたいなものといえるでしょう。

 

質屋のシステムとして、基本的に「3ヶ月以内に借りたお金と利息」を返済しなければなりません。

 

もし仮にお金を返済できなかった場合は、預けた品物の所有権を失いますので、注意してください。

 

質屋でお金を借りる方法や注意点はコチラ

 

 

 

このように、質屋というのは上手く使えばすぐ即日でお金借りることも可能です。

 

ただし、「預ける品物」がないのであればお金を借りることはできません。

 

もし担保となる物が無いのであれば、下記で紹介するカードローンでお金を借りるのが良いでしょう。

 

 

お金借りるなら即日融資対応のカードローン

 

ここまで紹介した「お金を作る方法」は、正直、どれも時間と手間がかかるものです。

 

いますぐに現金を作る方法というわけではありませんので、「時間がない」「即日でお金借りたい」という人には向いていません。

 

仮に、働いていて安定した収入があるのであれば、消費者金融や銀行のカードローンのキャッシングでお金を借りるのがオススメです。

 

基本的に、大手であれば即日融資に対応しているところが多いので、即日でお金借りることも難しくはありません。

 

中には「最短1時間で即日お金を借りることが可能」というところも珍しくありませんから、緊急にお金が必要な場合はカードローンでお金を借りるのが手っ取り早いのではないでしょうか?

 

ただし、即日融資でお金を借りるにはある程度の条件を満たさなければいけないので注意しましょう。

 

 

 

多くの場合「平日に申込むこと」「午後14時ぐらいまでには契約を完了すること」という締め切り条件が設けられています。

 

もし、これらを守れなければ即日でお金借りるのは厳しくなりますので、注意が必要です。

 

また、カードローンでお金を借りることは、いわゆる「借金」ですから返済をしなければいけません。

 

申込をする前に必ず計画を立てることをお忘れなく。

 

 

土日に即日融資でお金を借りるには?

 

上記で大手カードローンであれば即日融資でお金を借りることができると述べました。

 

ですが、条件の中に「平日に申込まなければ、即日お金借りることはできない」というのがありましたよね?

 

では、土曜日や日曜日の休日は即日お金借りることはできないのでしょうか?

 

これに関してですが、銀行のカードローンでは土日祝にお金を借りることはかなり厳しくなります。

 

 

 

なぜなら「銀行のカードローンには自動契約機がない」からです。

 

この自動契約機は大手の消費者金融であれば、ほとんどの消費者金融が所持しています。

 

自動契約機というのは、無人の契約機のことで、ネット申し込みと違い夜遅くまで契約することが可能です。

 

また、無人ですので土日や祝日などの休みの日でも営業していて契約が可能です。

 

そのため、土日祝でも即日お金を借りることが可能なのです。

 

ですが、「自動契約機に出向かなければいけない」というデメリットがあるということも覚えておきましょう。

 

もし休日に即日でお金を借りる必要があるのであれば、「自動契約機のある大手消費者金融」を選ぶのが最善の策といえます。

 

土日でも借りれるカードローンの詳細はこのページ

 

 

銀行と消費者金融!どっちでお金を借りるのがいい?

 

カードローンでは即日お金借りることも可能と述べましたが、消費者金融と銀行ではどちらのカードローンを選ぶのがお得なのでしょうか?

 

ここでは銀行と消費者金融のどちらでお金を借りるのがベストなのかご紹介していきます。

 

 

まず、銀行のカードローンでお金を借りるメリットについてです。

 

銀行のカードローンで一番最初にあげられるメリットは「金利や利息が安い」ということです。

 

さすがは銀行といった感じで、消費者金融などよりも「損をしないでお金を借りることができる」といえるでしょう。

 

次にあげられるのが「安心・安全」ということです。

 

銀行というのは、かなり信頼のおける金融業者です。

 

半公共事業といっても過言ではないでしょう。

 

ですので、闇金のように法外なり即日を吹っ掛けられることは100%あり得ません。

 

もし何か不祥事が起きようものなら、マスコミなどに叩かれまくるため、銀行側も顧客に対する対応はかなりちゃんとしています。

 

このように、銀行のカードローンというのはかなり安心感があり、利息も安いという大きなメリットがあります。

 

 

 

ですが、銀行のカードローンというのは「審査が厳しく、即日でお金を借りることは難しい」というデメリットがあります。

 

中には即日融資が可能な銀行のカードローンもあります。

 

ですが、大手消費者金融などに比べて締め切り時間が早かったり(12時ぐらいまで)、自動契約機がなかったりとかなり即日融資でお金を借りるのは正直難しいのです。

 

もちろん、自動契約機がある銀行はほとんどないので、休日にカードローンで即日お金を借りることはできません。

 

このように、銀行は安心感はあるが、スピード感を持ってお金を借りることはできないのです。

 

消費者金融と銀行のメリット・デメリットについての詳細はココ

 

 

急ぎでお金を借りるなら大手消費者金融で

 

上記で銀行のカードローンのメリットやデメリットをまとめて紹介しました。

 

では、消費者金融はどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

まず、消費者金融でお金を借りるメリットとしては「即日融資でお金を借りることができる」という面です。

 

この「即日お金借りることが可能」というのが、大手消費者金融の大きなメリットともいえます。

 

また、大手消費者金融では自動契約機もあるため、休日でも即日にお金を借りることは可能です。

 

このように即日融資が可能だったり、一見メリットだらけの消費者金融ですが、デメリットは何なのでしょうか?

 

まず、銀行のカードローンでお金を借りるよりも「金利や利子が高くなる」ということです。

 

また、消費者金融でお金を借りる場合、総量規制というものが関わってくるため、年収の1/3以上はお金を借りることができません。

 

つまり、他の金融でお金を借りまくっていれば、総量規制に引っ掛かってしまい、新たにお金を借りることはできなくなるというわけです。

 

その他のデメリットとしては、消費者金融は銀行に比べ「安心感がない」ということです。

 

これに関しては、大手の名の知れた消費者金融であれば特に問題ありません。

 

ですが、中小のサラ金業者や中堅の消費者金融ですと、中には闇金が混じっている可能性もあるのです。

 

 

 

このように消費者金融でお金を借りる場合、即日融資が可能なので急ぎの方には非常に頼もしい存在です。

 

しかし、安心面や金利の面ではやはり銀行系カードローンには勝てません。

 

現在、自分のが「急ぎでお金を借りる必要があるのか?」「安心さや金利が低い方がいいのか?」というのを天秤にかけながら金融業者を決めるのが良いでしょう。

 

 

即日融資でお金を借りるための審査のポイントは?

 

大手消費者金融のカードローンであれば、即日お金借りることも十分に可能であることがお分かりいただけたでしょうか?

 

しかし、カードローンでお金を借りるには「融資審査」に通過しなければなりません。

 

では、即日でお金を借りるための審査のポイントは何なのかをご紹介していきましょう。

 

まず、即日でお金を借りる上では、審査に申込むのは午前中に済ませるというのが非常に大きなポイントとなります。

 

例えば、14時までに契約完了しなければ即日お金を借りることはできない場合、正午12時ぐらいから申込をスタートさせるのは正直、即日で間に合わない可能性が出てきます。

 

仮に融資審査が長引いてしまい、14時を過ぎてしまうことも考えられます。

 

また、審査申込が殺到していて審査が遅れてしまう可能性だって考えられます。

 

ですので、できるだけ午前中に審査申込を済ませるのが即日お金を借りやすいといえるでしょう。

 

次に注意したいのは、「カードローンでは借りたい希望金額が大きければ収入証明が必要」ということです。

 

多くの場合、50万以上のお金を借りるときは、審査時に必要書類として「収入証明書」を提出しなければいけないのです。

 

この収入証明書は、当日すぐに用意するのはなかなか難しいものがあります。

 

ですので、仮に申込を午前中の早い時間に行っても、収入証明を用意していなかったから即日お金を借りる事ができなかったとなることもあるのです。

 

もし大きい金額のお金借りるのであれば、「事前に収入証明が必要なのか?」「すぐに用意できるかどうか?」をよく確認しておきましょう。

 

お金借りる審査の時に収入証明書の有無についてはココ

 

 

これらの2つのポイントは、一見当たり前と思うかもしれません。

 

ですが、いざ即日融資でお金を借りるとなったとき、意外と見落としやすいので気を付けてくださいね。

 

ちなみに、カードローンで最初に借りれる金額は少額のところがほとんどです。

 

お金借りる際の限度額ついてはココを参考に

 

 

審査なしでお金を借りることはできません!

 

カードローンやキャッシングの「金融機関」でお金を借りるには審査を受けなければいけません。

 

お金借りる審査と聞くと憂鬱になる方もいるかもしれません。

 

お金借りる審査に通るかどうか分からないで申し込みするのは不安ですよね。

 

せめて審査基準が分かればと思いますが、残念ながら審査基準を公開している金融機関はありません。

 

実際に申し込んでみないことには、お金借りる審査に通るかどうかは分からないのです。

 

また、お金借りる審査にかかる時間は金融機関によって異なります。

 

消費者金融なら1時間程度で終わることもありますが銀行だと2〜3日かかることも多いです。

 

審査結果が分かるのに時間がかかるのは避けたいですよね。

 

審査結果が分かる期間・時間についての詳細はココ

 

 

以上のようなことから審査なしでお金を借りれる金融機関を探す方は意外と多いようです。

 

確かに審査なしの方が誰でも借りれるし、お金借りるまでも早いですから良いように思えますよね。

 

ですが審査をしてお金を借りるということは、あなたがその金融機関に信頼されているということであり、また返済能力に見合った貸付をしてくれていることから無理のない借入であるということでもあります。

 

審査を受けて融資を受けるということは安心して利用できるという証拠でもあるのです。

 

逆に審査なしでお金を借りれるとなると利用者の返済能力などは一切無視した金融業者の一方的な貸付で非常に危険です。

 

利用希望者に返済能力があるかどうかを見極めるために審査を行うわけですから、それを無視するということは金融業者にとって非常にリスクの高い行為と言えるでしょう。

 

それをわざわざするということは非常に危険な金融業者とも取れます。

 

面倒かもしれませんが金融機関でお金借りる場合は必ず審査を行っているところを利用しましょう。

 

 

無職や失業中だと絶対にお金借りることはできない!

 

カードローンやキャッシングでお金借りるための条件は働いて収入があることです。

 

これはどの金融機関でも同様の条件と言えるでしょう。

 

消費者金融は総量規制の対象となり、個人が借り入れできる金額の上限は年収の3分の1までとされます。

 

年収300万円の人であれば上限金額は100万円です。

 

では年収0円、つまり無収入の人はと言いますと借り入れできる金額は0円ということになります。

 

これは当然のことで仮にお金借りる事が出来たとしても返すことが出来ないからです。

 

それでは金融機関としても困ってしまいますから、当然無職の人はお金を借りることは出来ません。

 

これは「失業中で今はお金はある」という人でも同じです。

 

例え今はお金があっても、いずれはお金は底をつきますから、将来的に返済できなくなる可能性があるのは否定できません。

 

無職・失業中の方はお金を借りることよりも、自分で働いて収入を得ることを考える必要があります。

 

ちなみに、お金借りる時の審査で「働いている」と嘘の申告をしたとしても、勤務先に電話連絡の在籍確認があるので、ほぼ必ずバレますから注意しましょう。

 

カードローン審査の嘘がバレてしまう理由はコチラ

 

 

専業主婦はお金を借りることは難しいのか?

 

専業主婦は金融機関でお金借りる事が出来ない、と思っている方は多いです。

 

総量規制が導入され主婦の借入は厳しくなっていますが、完全にお金を借りれなくなったわけではありません。

 

専業主婦がお金借りる方法は主に2つあります。

 

 

まずは配偶者貸付です。

 

これは一部の消費者金融で扱っているキャッシングサービスで、配偶者つまり旦那さんの年収と合算して融資を受けるというものです。

 

要するに世帯収入を元に審査を受け、お金借りるということです。

 

但し、配偶者貸付は本人ではなく旦那名義での借入となり、内緒でお金を借りるということは出来ませんので注意してください。

 

申し込みには必ず配偶者の同意書が必要となりますので、まず夫に内緒で借金することはできないでしょう。

 

また手続きに時間がかかり、即日でお金借りることも出来ません。

 

カードローンは即日融資に対応しているものも多いですが、配偶者貸付に限っては融資に時間がかかります。

 

更に配偶者貸付は消費者金融の貸付ですから総量規制の対象となります。

 

もし旦那さんが他で借り入れしている場合は、借り入れ可能な金額はその分少なくなり、総量規制めいいっぱいまで借りている倍は配偶者貸付でお金借りることは出来ません。

 

 

専業主婦がお金を借りる方法もう1つは銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは配偶者貸付とは異なり、合算ではなく旦那のみの収入で審査を受けることになります。

 

同意書などは必要ありませんが、旦那の勤務先に電話して在籍確認を行いますので、やはり内緒でお金借りるということは難しいです。

 

カードローンの在籍確認について詳しくはコチラ

 

 

配偶者貸付も銀行カードローンもそうですが、基本的に専業主婦が利用できる金融機関は非常に少ないです。

 

パート主婦であれば本人名義で申し込めますので選択の幅も広いですが、専業主婦となると借り入れ可能な金融機関は少なくかなりハードルが高いので、その点はしっかりと理解した上で利用するようにしてください。

 

主婦がキャッシングでお金を借りる条件についての詳細はココ

 

もちろん、母子家庭だとしても安定収入があればお金借りるのは可能です。

 

母子家庭がお金を借りる方法や条件についてはココ

 

 

18〜19歳の未成年の学生がお金を借りるのはムリ!

 

カードローンやキャッシングなど金融機関からお金借りる事が可能な年齢は「原則20歳以上」からとなります。

 

実際に各金融機関の申し込み資格欄を見ていただければお分かりのとおりです。

 

では、なぜ未成年者の学生がお金を借りる事が出来ないのか?

 

それは「法的な理由」が大きく関係しています。

 

未成年者が法律行為を行なうには親権者の同意が必要です。

 

親権者つまり親が子供の契約に同意しないかぎりその契約は認められないということです。

 

そして同意をえないでした契約は子供の同意無しに取り消すことが出来ます。

 

契約を取り消すということはその契約が始めから無かったということになります。

 

では、未成年の学生がお金借りた場合はどうするのか?

 

この場合、法律では現に利益を受ける範囲で」返還すればよく、現に利益が残っていなければ返還する必要は無いとしています。

 

つまり借りたお金が残っていれば返さなければいけないし、もし残っていない場合は一切返さなくて良いということになります。

 

お金を借りた側はかなり得してしまっている事になり、逆にお金を貸した側は大損したと言えます。

 

 

未成年者の学生への貸付にはこのようなリスクが伴うため、どの金融機関でも貸付は行っていないのです。

 

中には未成年の学生でもお金を借りる事が出来る金融機関もあるようですが、その場合は必ず親権者の同意が必要となり、本人だけで契約することは出来ません。

 

但し20歳未満でも結婚をすると成人と見なされますので、法律行為を行う権限を持ちます。

 

つまり、事実上本人だけでお金を借りる事ができるようになるということになります。

 

ですが、金融機関では成人であるかどうかではなく20歳以上であるかどうかを基準を設けていますので、仮に結婚している20歳未満でも本当に借り入れできるかは正直微妙なところで基本的には無理だと思ったほうが良いです。

 

ちなみに、満20歳以上でちゃんとアルバイトをしている大学生などであれば、大手消費者金融などは問題なく審査通過可能です。

 

※詳しくは「学生もキャッシングに申し込みできる?審査には通りにくい?」のページを参考に。

 

 

お金を借りるときに安い金利で借りるにはどうすればいい?

 

金融機関でお金借りると金利が発生します。

 

金利が高ければ支払い時の利息負担額は大きくなりますから、出来るだけ利息を少なくするには安い金利で借りれるところを選ぶ必要があります。

 

同じ金額のお金を借りるにしても金融機関によって金利は異なります。

 

安い金利でお金を借りる事が出来るのは「銀行カードローン」です。

 

カードローンの金利は年◯%〜△%と言ったように、金融機関で定めた範囲内で金利設定されます。

 

大体初回は△%つまり上限金利が設定されますが、銀行カードローンの上限金利は大体15%前後、これに対し消費者金融のカードローンは年18%が殆どです。

 

銀行と消費者金融とでは約3%もの金利差がありますから、同じ金額のお金を借りるなら断然銀行カードローンで借りるほうが良いでしょう。

 

ただ銀行カードローンのネックは審査が厳しいこと、融資に時間がかかることです。

 

また、できれば正社員じゃないと審査に通るのはちょっと難しい部分もあります。

 

最近は即日融資に対応した銀行も増えてきていますが、それでもまだまだ手続きに時間を要します。

 

 

実は消費者金融でもある方法を使えば安い金利でお金を借りる事が出来ます。

 

一時的なものですが、大手の消費者金融では無利息キャンペーンを実施している金融業者も多く、これを利用すれば銀行よりも安い金利どころか金利無しでお金を借りれます。

 

大体は30日間限定など使用可能期間が短いですが、給料日までの繋ぎとして等本当に一時的にお金が困っていて直ぐに返済できる場合にはかなり役に立つ方法です。

 

無利息キャッシングを利用するには条件がありますが、その条件も簡単なものですので安心してください。

 

消費者金融なら対応が早いですから即日でお金借りることも可能です。

 

急いでいるという場合は消費者金融で借入するのが良いでしょう。

 

低金利のカードローンについての詳細はココ

 

 

安心してお金を借りたいなら個人間融資の掲示板はNG

 

お金借りるのに利便性が高いのに越したことはありません。

 

最近は即日融資、来店不要など利用者にとって大きなメリットを享受できるカードローンも非常に多く、ますます利用しやすいと言えるでしょう。

 

ただ、お金借りる上で絶対に欠かせないのが安心ではないでしょうか?

 

お金の貸し借りはトラブルになりやすいものであることに間違いありません。

 

お金借りる側が注意するのは勿論ですが、お金を貸す側に問題があることだってあり得るのです。

 

きちんと貸金業の登録を受けて貸付業務を行っている金融業者であれば、安心してお金を借りることは出来るでしょう。

 

しかし最近は金融機関ではなく「個人間でお金を貸し借り」をする人も非常に増えてきているのです。

 

個人間でお金を借りると聞いて親や友人からお金を借りることと思っている方もいるかもしれませんが、ここで言う個人間でのお金の貸し借りは全く顔見知りでない人どうしてお金の貸し借りをすることを言います。

 

インターネット掲示板を通じてお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけお金の貸し借り行為を行うのです。

 

これを「個人間融資」と言います。

 

金融機関でお金借りるのとは違い、特に審査は無く提出書類も身分を証明するだけの極々簡単な手続きでお金を貸し借りをします。

 

いとも簡単にお金を借りれてしまうことから、金融機関でお金を借りれないような人など訳ありの人が利用することが多いです。

 

誰でも簡単に借りれてしまい、過去に自己破産した人や多重債務者の利用もある程です。

 

 

このように個人間融資の掲示板は非常に簡単に借りれるのは便利と思うかもしれません。

 

ですが、個人間融資には思わぬ落とし穴があります。

 

誰でも利用できるということは「悪質業者も利用している可能性がある」ということに他なりません。

 

実際に悪質業者の手によって被害に遭われた方は沢山います。

 

個人情報を盗み取られたりお金を振りこまされたりなど、詐欺被害に遭う可能性が非常に高いです。

 

個人間融資は非常に危険ですから安心してお金を借りるならやはりまともな金融機関を利用すべきです。

 

 

クレカのキャッシング枠はお金を借りることも実は可能!

 

クレジットカードをお持ちの方はキャッシング枠を使ってお金借りるという手もあります。

 

既にキャッシング枠が付随されているのであれば、カードを使って銀行やコンビニATMよりお金を引き出すことが出来ます。

 

カードローンを作るにしてもどうしても時間がかかりますから、「今日中に何としてでもお金を借りる必要がある」、「とにかく時間がない」という場合はクレカのキャッシング枠を使ったほうが圧倒的に早いです。

 

クレジットカードのキャッシング枠は必ず設定してもらえるわけではありません。

 

審査結果におってはショッピング枠だけという人もいます。

 

その場合でも、後からキャッシング枠を付けてもらうことは可能ですが、やはり審査を受ける必要があります。

 

 

キャッシングの利用限度額は人によって異なり、基本的には少額となります。

 

多くても20万円前後となりますので、あまりまとまった金額を借りることは出来ません。

 

そしてキャッシング枠はショッピング枠に含まれるということを忘れてはいけません。

 

例えばショッピング枠50万円でキャッシング枠20万円のクレカの場合、トータルで50万円分の利用が可能ということになります。

 

つまりショッピングで40万円使ってしまえばキャッシングの利用可能額は10万円に下り、50万円使ってしまえばキャッシング枠は0円となるということです。

 

クレカのショッピング枠をいくら使用しているか一度確認してみると良いでしょう。

 

またその逆も然りで、キャッシング枠を使用すればショッピング枠はその分減りますので気をつけましょう。

 

 

クレカのキャッシングはショッピングとは異なり、一括返済でも必ず金利手数料が発生します。

 

リボ払いにすることも可能ですが、その分支払い期間が延び利息を無駄に払うこととになります。

 

中には繰り上げ返済に対応していないカードも有りますので、返済方法にも十分注意しよく考えてか利用しましょう。

 

 

郵便局(ゆうちょ)でお金を借りることはできる?

 

意外と知られていませんが「郵便局」でもお金借りる事が出来ます。

 

正確には「ゆうちょ銀行」からお金借りるわけですが、方法としてゆうちょ銀行発行のクレジットカード「JP BANKカード」もしくはカードローン「したく」の2種類があります。

 

JP BANKカードはゆうちょ銀行のキャッシュカードと一枚にまとめられたもので、キャッシング枠でお金を借りることとなります。

 

カードローンしたくはカードローンとなりますので、ゆうちょ銀行のキャッシュカードとは別のカードに申し込む必要があります。

 

無事に審査通過すればカードを使ってお金を借りる事が出来るようになります。

 

 

注意点としては、上記どちらの方法で「お金借りるにしても「時間がかかる」ということです。

 

JP BANKカードの場合は、申込みしてからカードが発行されるまでに約1,2週間はかかります。

 

振込融資にも対応していますが、どのみち利用開始はカードを受け取ってからとなります。

 

 

カードローンしたくは審査こそ最短即日で対応可能ですが、カード発行までには数日はかかります。

 

ですから即日でお金借りるといったことは出来ません。

 

急ぎの場合ですと郵便局での借入では対応できないということは頭に入れておいてください。

 

前もってお金を借りる必要があるということが分かっていても、カード発行までに時間がかかりますので、その場合でも出来るだけ早めに手続きを済ませておかないと間に合わない可能性があります。

 

今日中にお金が必要となる場合には先ず向いていない方法です。

 

そのような場合はカードローンに申し込むなど別の方法を考えたほうが良いでしょう。

 

 

金融機関がイヤなら「親・友達・彼氏や彼女」にお金を借りる!

 

「お金が必要だけど金融機関でお金借りるのは嫌だ」という人は多いのではないでしょうか?

 

金融機関でお金を借りると利息がつきますから余計な出費になりますし、そもそも審査をクリアしないといけませんのでちょっと面倒と感じる方も多いでしょう。

 

そしてどことなく利用するのが不安という方もいます。

 

 

では金融機関でお金を借りることに抵抗があるという方は、親や友達、はたまた彼氏彼女から借りるのを検討してみると良いのではないでしょうか?

 

これなら利息がつくことはありませんし、審査も無いですから比較的容易にお金を手にすることが出来るのではないでしょうか?

 

但し、お金の貸し借りは互いの信頼関係を崩す原因であることは肝に銘じておく必要がありません。

 

実際にお金の貸し借りが原因で関係が悪くなったという人は沢山いらっしゃいます。

 

より正確に言えば、お金を借りることそのものよりも「お金を借りた後の対応が原因」といったほうが正しいかもしれません。

 

きちんと返済すれば何の問題もないですが、お金の貸し借りのトラブルはほぼ借りる側に原因があります。

 

身内からの借金だからと言ってきちんと返済をしない人は先ず間違いなくトラブルを引き起こしています。

 

借りたお金を返すのは常識ですが、それが身内同士となるとどうしても希薄になってしまいます。

 

身内からお金借りる場合でも「借用書」は必ず作りましょう。

 

お金を借りたという証拠をきちんと書面に残しておくだけでも大分違います。

 

もちろんお金を借りる側が借用書を作らなければいけません。

 

互いの信頼関係を壊したくないというのであれば借用書は必ず作るようにしてください。

 

 

そして出来れば利息を付けて返済することです。

 

これは一種の「迷惑料」みたいなもので、少なくともお金を借りることで相手に迷惑とストレスと与えてしまっているということを十分に理解しなければいけません。

 

少額でも構いませんので利息は出来ればつけるようにしてください。

 

 

返済日もきちんと決めておくようにします。

 

お金がいつ返ってくるのか分からないと非常にストレスとなります。

 

ですから少しでも相手を安心させるためにも返済日はしっかりと決めておき、もし返済が遅れそうな場合は早めにその旨を伝えるようにしましょう。

 

 

身内や友人にお金を借りる時の言い訳や理由はどうする?

 

では「身内からお金を借りる時に悩むのが何て言い訳して借りようか?」ではないでしょうか。

 

正直にお金借りる必要がある理由を言えればそれが1番です。

 

お金を貸す相手だってあなたを信用して貸してくれるわけですから、出来ればその思いを裏切りたくはないのが本音でしょう。

 

ただそうはいっても理由によってはどうしても言い難いことはあるでしょう。

 

では具体的に何と言い訳してお金を借りるのが、相手にとっても自分にとっても良いのでしょうか?

 

 

家族や友人であってもやはりお金を貸すのは出来れば避けたいもの。

 

お金の貸し借りに関してはやはりドライな関係の場合が多いです。

 

このような場合は、相手に「お金を貸すことのメリット」を提示するのが良いかと思います。

 

ですから、この場合は利息を付けて返すと言うのが最もベストでしょう。

 

利息と聞くと何だか小難しい感じに思えますが、「10万円1万円ずつ11回払で返す」といったように分かりやすい利息提案をするのが良いです。

 

これなら面倒な計算も入りませんし、利息がいくらなのかはっきりと分かり安心してお金を貸せるのではないでしょうか?

 

 

上記以外の理由としては「冠婚葬祭」がオススメです。

 

これは割りとありがちな言い訳ですが、それだけに非常に有用な言い訳となりえます。

 

冠婚葬祭が重なることは決して珍しいことではありません。

 

毎回のように冠婚葬祭を理由にお金を借りていてはNGですが、今月だけであれば相手もそれほど不審には思わないでしょう。

 

 

身内や友人からお金を借りる際、出来れば嘘を付かずに借りるのが1番です。

 

ですが、どうしても言いにくい場合は上記のような理由でお金を借りてみると良いでしょう。

 

そしてトラブルを防ぐためにも「借用書」を必ず作るようにしてください。

 

身内からの借金だからこそこういった事を疎かにしてはいけません。

 


みんなが選ぶ人気の
カードローン業者はココ!
↓ ↓ ↓ ↓