おまとめローンで借り換え一本化をする際の審査は厳しいのか調べてみた。

MENU

おまとめローンで借り換え一本化をする際の審査は厳しい?

 

複数社から借り入れをしている方は毎月の返済が苦しくて困っていませんでしょうか?

 

借入先が複数あるとその分利息を多く支払うことになりますので、1社からまとまったお金を借りるよりも返済負担が大きくなります。

 

借り入れが復数あるという方の殆どは、消費者金融から高金利で借り入れしている可能性が高いです。

 

消費者金融は銀行や信販会社に比べかなり高い金利設定をしていますので、非常に危険です。

 

しかし借り入れが複数あっても、金利の安いローンへ一本化することで返済負担を軽減することが出来ます。

 

これをおまとめローンといいます。

 

今よりも金利の低いローンへ借り換えすれば利息負担を減らすことが出来ますので結果的に返済が楽になるというわけです。

 

また返済先が1社のみとなるので管理もしやすくなると一石二鳥です。

 

おまとめローンへ借り換えする場合は、今現在の借り入れ合計額分をまとめておまとめローンを扱う業者から借り入れ、それぞれ既存の借入先へ支払い完済します。

 

大体はおまとめローン業者が直接口座へと振り込みしてくれることが多いです。

 

 

おまとめローンは厳しい審査?甘いの?

 

おまとめローンは多重債務者にとって救いの手とも言える方法ですが、気になるのが審査基準です。

 

基本的にローンは借入希望額が大きくなるほど厳しくなります。

 

また低金利で融資する場合も貸し出しリスクが高くなるのでやはり審査に通るのは難しくなります。

 

おまとめローンの場合、復数の借り入れ分をまとめて借りますので金額は必然的に高額になります。

 

更に利息負担を減らしますから今よりも金利が低いローンへ借り換えしますから金利も低めになります。

 

となるとおまとめローンの審査基準はかなり厳しくなると思ってよいでしょう。

 

 

おまとめローンの審査に通るには?

 

おまとめローンの審査に通過するにはどうすればよいのでしょうか?

 

審査で特に重要となるのは借入残高よりも借入件数となります。

 

金融機関によりますが基本的に他社借り入れ件数が4社以上あると審査に通るのはかなり絶望的です。

 

極端な話をしてしまえば、借入限度額は信用力を示す目安と言えます。

 

1社から100万円以上など借入限度額が大きいとその人はその業者からかなり信頼されているといえます。

 

信頼できなければそこまで高額な貸付はしないからです。

 

逆に借入限度額は10万円や20万円など少額ですとまだまだ信頼はされていない状態と言えます。

 

つまり1社からまとまったお金を借り入れできないから復数の業者から借り入れしているとも言えるのです。

 

ですから借入件数が多くなるほど審査に通るのは難しくなります。

 

もし借入件数が4社以上ある場合は、まずは借入件数を3社以下にしてからおまとめローンに申し込むのがよいでしょう。

 

おまとめローンは審査が厳しいから、手当たり次第申込みされる方が意外と多いです。

 

沢山申込みすればどれか1つは審査に通るだろうと安易な考えで申し込みするのは逆に審査に落ちやすくなりますので注意してください。

 

申し込み履歴は信用情報に記録が残りますので、その履歴を見た金融機関はその申し込み者が切羽詰っているから返済できない可能性が高いと判断し審査落ちにします。

 

このように一度にたくさんの申し込みをすることを申し込みブラックといいます。

 

申し込みは多くても1月に3社までに止めておくのが良いです。

 

また当然ですが返済遅滞やブラックリスト入りしている方は審査に通ることはほぼ不可能です。

 

審査が甘いと言われる中小の消費者金融でも金融事故があるような人には貸し付けませんので覚えておきましょう。

 

 

おまとめローンは消費者金融と銀行はどっちが良い?

 

おまとめローンは基本的に消費者金融で取り扱っている融資商品です。

 

総量規制の対象外となりますので年収の3分の1を超える借り換えも可能です。

 

おまとめローンは返済専用のローンとなりますので、追加の借り入れが原則不可となります。

 

一方で銀行の場合は、通常のカードローンで借り入れをしてそれを返済に充てる形を取るのが一般的です。

 

銀行カードローンは追加でお金を借りれるという点でおまとめローンと異なります。

 

どちらが良いかは人それぞれですが、余計な借り入れをせず返済に集中したいのであれば消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

 

逆に返済をしつつも万が一の時のために備えておきたいというのであれば追加借入が可能な銀行カードローンにするのが良いでしょう。

 

ただ借金が原因で状況が苦しくなっているわけですから、本来なら返済に集中できるおまとめローンを利用するのが1番かもしれませんね。