ヤフーオークションの仕組みや注意したいことは何かについてです。

MENU

ヤフーオークションの仕組みは?注意したいことは何?

 

お金を借りることにどうしても抵抗があるという方は、何か物売ってお金に換える方法で現金を手にするのはどうでしょうか?

 

ものを売ると聞くと、リサイクルショップに持って行き買い取りしてもらうのを真っ先に思い浮かべる人も多いです。

 

ですがリサイクルショップでの買取はお店が利益を得るためどうしても買取値が安く付いてしまいます。

 

そこでオススメなのがインターネットオークションです。

 

一口にオークションと言っても様々な会社のオークションサービがあるので迷ってしまうところでしょう。

 

初めてオークションを利用する方や少しでも確実性を重視するのであればヤフーオークションが良いです。

 

ネットオークションとしては国内最大級の規模を誇り利用者も非常に多いので売りやすいです。

 

では具体的にヤフーオークションがどんなものなのか解説していきたいと思います。

 

 

ヤフーオークションの特徴

 

今でこそインターネットオークションは定番となっていますが、一昔前はオークションといえば絵画や美術品などの高級品が競い落とされていました。

 

落札金額は何千万円時には何億円という値がつく事もあり、一般の消費者にはとても縁のないものでした。

 

ですがネットの普及に伴い誰でも気軽にオークションに参加できるシステムを確立したのがヤフーオークションなのです。

 

 

中にはオークションが生活の一部になっている人や、それで生計を立てている人もいます。

 

それぐらい私達の生活から切り離せない身近な存在となりました。

 

 

ヤフーオークションでの出品数は3000万点以上あり、何か欲しいものがあればヤフオクで揃ってしまうと言っても過言ではありません。

 

他のオークションとは圧倒的に品数、品揃えが違います。

 

 

ヤフオクの人気の秘密は品揃えや品数だけではなく、システムとしてきちんと確立している点もあります。

 

実際に他のオークションも利用していただくと分かるのですが、ヤフオクは非常に使いやすいです。

 

利用者にとってかゆい所に手が届くようなシステムも備わっており初心者でも簡単に使うことが出来ます。

 

 

何でも出品して良いわけではない

 

ヤフーオークションは品揃えが非常に豊富ですが、何でもかんでも出品していいというわけではありません。

 

出品禁止品もあり、知らずに出品してしまったとしてもIDの停止や削除といったペナルティーを受けることになります。

 

また購入する立場も同様に知らずに買ったとしてもペナルティーを受けますので、何が出品禁止になっているかは必ず確認する必要があります。

 

 

ヤフオクで出品禁止になっているものは、医薬品、タバコ、宝くじ、法律相談、人体、臓器、脱法ドラッグ、他人の権利を侵害する商品等です。

 

この他にも出品禁止になっている商品は沢山あります。

 

うっかり禁止商品を出品してしまわないよう、出品する前に必ずヤフオクサイトにて確認するようにしましょう。

 

 

ヤフオクの仕組みについて

 

ヤフーオークションでは入札方式は自動入札を採用しています。

 

通常のおアークションですと100円の商品に相手が100円と入れれば自分は110円と言えれ、他の誰かが130円と入れていくのが基本です。

 

しかしヤフオクの我愛は100円の商品にいきなり1000円と入れても、そのまま1000円にあがることはないです。

 

とりあえず100円で止まり、他の人が500円と入札すれば金額は500円まで上がります。

 

しかし1000円までの権利は自分にあるという状態で、これを自動入札といいます。

 

オークションは相手が自分が入札した金額よりも上回る金額で入札するとついつい競ってまた入札してしまいやすいです。

 

熱くなると冷静な判断ができなくなり、終わってみればとんでもない金額で入札してしまったなんてことにもなりかねません。

 

しかし自動入札なら自分で出しても良い金額を入れるだけで良いので、ツイツイムキになって必要以上の金額を入札してしまうことを防げます。

 

もしも自分の出しても良い金額を上回ってしまえばある程度諦めも付くでしょう。

 

 

上記でも触れたように、ヤフオクは落札希望者同士が競い合ってくれますので予想もしていなかった金額で落札されることだってあります。

 

落札金額の殆どは自分の利益となりますので、無理にお金を借りることをしなくても済む可能性だって有るといえるでしょう。

 

家に不要品があるのであればヤフオクへの出品を検討してみると良いでしょう。