お金を借りるとき収入証明書は必ず必要なのか?なしにする条件についてもまとめてみました。

MENU

お金を借りるとき収入証明書は必ず必要?なしの条件は?

 

お金借りる時、出来るだけ提出する書類は少ないほうが良いですよね。

 

煩わしい書類の準備が必要だと借りるのが面倒になり止めてしまうという方も意外と多いのではないでしょうか?

 

幸いカードローンは必要最低限の書類だけで済みますので、お金を借りるのはさほど苦にはならないかもしれませんね。

 

とは言え、直ぐに提出できる書類なら良いですが、準備に時間が掛かる場合がある書類があります。

 

それが収入証明書です。

 

普段から持ち歩いているものではないですから提出するとなるとチョット面倒です。

 

カードローンやキャッシングでお金を借りる時、収入証明書は必ず必要なのでしょうか?

 

 

収入証明書が必要になる条件とは?

 

収入証明書とは文字通り自分の収入を公的に証明する書類です。

 

ですが必ずしも収入証明書を提出しなければいけないというわけではありません。

 

収入証明書はある条件に該当する場合に提出しなければいけません。

 

ではその条件とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

収入証明書が必要になる条件は消費者金融と銀行とで異なります。

 

消費者金融の場合は、1社からの借入限度額が50万円以上の場合に収入証明書が必要となります。

 

例えばA社から30万円の借り入れをする場合は収入証明書は不要ですが、50万円借りる場合は必要ということになります。

 

そしてもう1つ、他社借入額と100万円を超える借入限度額を希望する場合も収入証明書を提出しなければいけません。

 

例えば新規で申し込みするA社から30万円の借り入れをする場合は基本的に収入証明書は不要です。

 

ですが既に他社で70万円借り入れている場合は収入証明書が必要となります。

 

10万円〜20万円の少額の借入であれば基本的に収入証明書は不要の可能性が高いです。

 

 

銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、収入証明書が必要となる金額が消費者金融よりも高いです。

 

銀行カードローンの場合、借入限度額が100万円、200万円までは収入証明書不要のところが多いです。

 

中には500万円とかなり高額な金額を設定している銀行もあります。

 

まとまった資金が必要で尚且つ収入証明書が直ぐに用意できないという人は銀行カードローンを利用すると良いかもしれませ
ん。

 

収入証明書にはどんなのが有るの?

 

収入証明書にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

各金融機関によって収入証明書として提出可能な書類が微妙に違います。

 

審査に申し込みする際はどんな書類が収入証明書として利用可能なのか必ず確認しましょう。

 

一般的には源泉徴収票・給与明細書・課税証明書・確定申告書などが収入証明書として提出可能です。

 

いずれも原本ではなくコピーで構いません。

 

但し給与明細書を提出する場合は直近2ヶ月分が必要になるケースが多いですから注意してください。

 

 

収入証明書が直ぐに用意できない時はどうすれば良いの?

 

直ぐにでもお金を借りる必要があるのに収入証明書を提出しなければいけない、でも直ぐに用意できないという人もいるのではないでしょうか?

 

給与明細書や源泉徴収票は受け取ったらすぐに捨ててしまうという方も多いですから、提出を求められると困ってしまいますよね。

 

どうしても収入証明書が必要になる金額を借りたいという場合は、出来るだけ早めに書類を準備しなければいけません。

 

給与明細や源泉徴収票は再発行可能ですが基本的にその日に発行できる可能性は低いです。

 

そこでオススメなのが課税証明書です。

 

市町村の役所にて入出すことが出来、会社員も自営業の方も使用できる書類です。

 

その日のうちに発行可能ですから手元に収入証明書が無いという人は課税証明書を発行すると良いですよ。