学生もキャッシングに申し込み可能?審査の基準は?

MENU

学生もキャッシングに申し込みできる?審査には通りにくい?

学生でもカードローンやキャッシングでお金を借りることは可能です。
社会人のように仕事も収入も安定しているわけではないので、審査はやや不利となりますが、条件を満たしていれば審査通過は充分に可能です。

 

 

学生がキャッシングの審査に通るための条件とは?

 

学生がカードローンでお金を借りるための条件はどのようなものなのか、誰もが気になるところでしょう。
学生だからといって審査が特別甘くなると言うことは先ずありません。
社会人と同様の基準で審査は行なわれますので、申し込み前にそのことだけは十分に理解しておきましょう。

 

どの業者でも共通しているのが本人に安定収入があることです。
学生ならアルバイトをしている方も多いかと思いますので、それで問題ありません。
どのぐらいの収入が必要なのかと気になるかもしれませんが、明確な数値は定められていません。
収入額だけで融資判断を下すわけではなく、あらゆる情報を総合的に判断してきめますので、収入額が多くなくとも大丈夫です。
重要なのは定期的に収入があることです。
月ごとに収入が上下しているような方ですと審査に通るのは難しくなります。

 

申し込みに必要なものは学生証など身分を証明できる書類だけで基本的にOKです。
但し場合に寄っては給与明細など収入を証明できる書類も必要となります。
審査時には勤務先への在籍確認電話が行なわれますが、バイト先の人に借金していることがバレルことは先ずありません。

 

アルバイトをしている学生でも18歳、19歳の未成年の方は申込不可ですので注意してください。
未成年がした契約は、契約そのものを合法的になかった事に出来ます。
しかも借り入れたお金を使ってしまっても返済義務はありません。
このような事から銀行や貸金業者は未成年者の申し込みをお断りしているのです。
未成年でも親の同意があれば借りれるところもありますが、遊び目的で借りるとなると親を説得するのは難しいかと思います。
また学生というだけで申し込み不可とする金融機関もあります。
特に銀行は学生の申し込みをお断りしているところが多いです。
消費者金融のほうが利用しやすいですから、学生の方は消費者金融を利用すると良いでしょう。

 

 

学生さんで審査が不安ならお試し診断を試してみよう

 

条件を満たしているけど審査に通るのか不安、という方は多いかと思います。
どのような場合は、いきなり本審査に申し込みせずお試し診断をためしてみると良いです。
簡単な入力で融資診断を受けることが出来ます。
もちろん正式な申し込みではないので記録にも残りません。
あくまでも簡易的なものですから本審査の結果を保証するものではありません、その点を理解した上で利用してください。

 

過去に借金の滞納があると審査通過は厳しい

 

ローンやクレジットカードを利用していて、返済を滞納したことがあるという場合、審査に通るのはかなり難しくなります。
滞納したと言う事実はきちんと記録に残り、審査で必ずチェックされます。
スマホや携帯電話を分割払いで購入している方が多いかと思いますが、これも対象となりますので注意が必要です。
滞納履歴は審査においてマイナス要因となりますので、返済は絶対に滞納しないことです。

 

新規申し込みだから必ず有利というわけではない

 

カードローンでお金を借りるには、他社からの借入れが無いほうが有利とよく言われています。
しかし必ずしもそうとは限りません。
というのも、他社から借り入れしていてもその利用履歴が良好と判断されれば、審査を有利に進めることも可能だからです。
ローンやクレカを1回も利用したことがないとなると、金融機関は逆に判断が難しくなってしまうのです。
他社借り入れがないから審査にマイナスになるわけではありませんがプラスにもならないということは覚えておきましょう。

 

 

学生でも審査時に嘘の申告は絶対にダメ!

 

どうしてもお金を借りたいという気持ちから、嘘の申告をする方がいます。
年収をごまかしたり、年齢を偽ったり、チョットぐらいなら良いだろうと。
お金を借りるためという気持ちは分からなくもないですが、これは絶対にやってはいけないことです。
虚偽の申告と判明すれば即刻審査落ちとなります。