お金を借りると審査の結果が分かる期間や時間はどのくらいなのかについてです。

MENU

お金を借りると審査の結果が分かる期間や時間はどのくらい?

 

お金借りる時、気になるのが対応スピードではないでしょうか?

 

一刻もはやくキャッシングしたいのであれば、審査が完了するまでの時間は非常に重要です。

 

審査に時間がかかってしまうとそれだけでモヤモヤとした気持ちになります。

 

そこで今回はカードローンでお金を借りる際の審査にかかる時間について紹介していきたいと思います。

 

 

審査の平均時間は?

 

カードローンやキャッシングの審査時間は銀行・信販会社・消費者金融でそれぞれ異なります。

 

銀行カードローンは審査に時間が掛かるイメージが強いですが実際はどうなのでしょうか?

 

銀行の場合、審査にかかる時間に結構ばらつきがあります。

 

申し込みから1週間もかかるところもあればその日のうちに審査結果が分かる銀行もあります。

 

今はホームページにて審査にかかる時間を目安として掲示している銀行も多いですから、一度確認してみると良いです。

 

審査時間が短い銀行は即日審査OK、〇〇分で審査完了といった謳い文句を表示していることが多いです。

 

銀行カードローンで出来るだけ早く利用したい場合はこれらを参考に決めると良いでしょう。

 

但し即日審査可能な銀行でも申し込み締め切り時間が決まっていますので必ず確認するようにしてください。

 

 

信販系のカードローンは審査に時間がかかることが多いです。

 

信販系はクレジットカードの付加機能つまりおまけみたいなものですからそれほど急いでいる人は多くありません。

 

即日で審査結果が分かるカード会社は殆ど無く、大体1日〜1週間程度かかると思ったほうが良いです。

 

今日中にお金を借りたいという人は信販系のカードローンは避けたほうが良いです。

 

ですがクレジットカードにキャッシング枠が付随している場合は審査なしですぐにお金を借りる事が出来ます。

 

 

最後に消費者金融です。

 

消費者金融はご存じの方も多いように、非常に対応が早いです。

 

審査結果の通知は最短30分なんて業者は多く、1時間程度でお金を借りれる消費者金融もある程です。

 

特に大手の消費者金融はどこも審査が早く遅くまで審査してくれるのもありがたいですね。

 

申し込み方法も多彩で、パソコンやスマホ、電話、店頭窓口、自動契約機等など自分にあった方法で申し込みすることが出来ます。

 

しかも大手消費者金融の場合、初回の審査は機会が行いますので審査時間はより短いです。

 

即日でお金を借りたいという人は大手消費者金融を選ぶと良いでしょう。

 

 

何故審査に時間がかかるのか?

 

カードローンの審査結果は申し込んですぐに分かるということはありません。

 

金融業者は申し込み者に返済能力があるかどうかを綿密に検証する必要が有るため、審査はどうしても時間がかかります。

 

審査をいい加減に行ってしまえば返済能力が無い人にまでお金を貸してしまい、返済してもらうことが出来ず貸したお金を損してしまいます。

 

中々返済してくれない人に返済してもらうために、人件費や交通費など余計な費用がかかってしまいます。

 

そうならないためにも審査を綿密に行いいきちんと返済能力がある人にだけ貸付を行うようにしているのです。

 

散々待たされた挙句結局審査落ちとなってしまっては余計に時間がかかってしまいますので、とにかく急いでいるという人は審査基準が比較的緩い業者に申し込ん見ると良いでしょう。

 

 

審査では何をチェックしているの?

 

審査では申込者の氏名、生年月日などの個人情報と他社借入状況などの信用情報をチェックします。

 

中でも特に重要となるのが収入、勤務実績、雇用形態、信用情報です。

 

収入は安定しているかどうかを、勤務実績は最低1年以上有ること、雇用形態は正社員か非正社員かどうか、信用情報はローンやクレジットカードの支払いを延滞していないかどうかをチェックします。

 

これらは申込時に自己申告しますが調べれば間違っていないかどうかがすぐに分かってしまうものばかりです。

 

間違っても嘘の申告は絶対にしないことです。