母子家庭でも、金融業者からお金を借りることは可能?

MENU

母子家庭でも、金融業者からお金を借りることはできる?

最近では離婚や死別などの理由により、未成年者の子供を持つ母子家庭の方が増えてきているようで、何かを経済的に苦労されている傾向にあります。

 

離婚が原因だった場合、元配偶者から慰謝料や養育費などを毎月もらっていれば最低限の生活が出来るかと思いますし、死別の場合でも財産が残っていればある程度問題ありません。

 

だからと言って経済的に余裕のある生活が出来るかと言ったら決してそんなことは無く、母子家庭の多くは生活費でギリギリの生活を送っているものです。

 

子供が一人で留守番が出来るようになっり、誰か子供の世話をしてくれる人がいればパートにでも出ればなんとか生活にも余裕が出てくるかもしれませんが、そうもいかないのが現実かと思います。

 

片親だからこそ、きちんと成人を迎えて自立するまである程度は面倒をみてあげなければいけません。

 

そこで母子家庭で経済的に苦しい時、消費者金融や銀行のカードローンへ申し込みをしても、無事審査に通過してお金を借りれるのでしょうか?

 

カードローンを使ってのキャッシングというのは、申込者が仕事をしていて安定収入があれば融資を受けることが出来るのですが、母子家庭で働いていない場合は利用することが出来ません。

 

慰謝料や養育費、生命保険などは収入としては認められないのです。

 

しかしパートとして働いていれば母子家庭でも全く問題なくお金を借りることが出来ます。

 

パートで安定収入があり信用情報に傷が付いていなければ審査をした上で融資を受けることが可能で、母子家庭という理由で融資を断られてしまうことはありませんのでご安心ください。

 

カードローンなら使い道が自由ですので大変便利なのですが、万が一審査で断られてしまった場合には、手当金や助成金を利用しましょう。

 

「児童手当」「遺族年金」「住宅手当」「生活保護」「ひとり親家族等医療費助成制度」などいくつかあり、他にも所得税や住民税などの減免、割引制度なども充実しています。

アイフル

母子家庭,お金を借りる


母子家庭,お金を借りる

即日融資は平日14時までに契約完了が条件

審査結果によっては希望に沿えないこともあり