銀行系カードローンの審査に通るための条件とは?

MENU

銀行系カードローンの審査に通るための条件を調べてみた!

銀行系カードローンは審査に通るのが難しいと言われています。
消費者金融や信販会社のカードローンに比べ金利が安いため、審査基準が厳しく設定されているためです。
また正社員じゃないと申込不可といった銀行もあるなど、とにかく銀行はお金を借りるうえでのハードル高い金融機関と言えます。

 

だからこそ魅力あるカードローンとも言えます。
実際、銀行系のカードローンはどこも低金利で借りれますので、利息支払額が少なくて済みます。
また融資金額も消費者金融や信販会社に比べ高額ですから、まとまった資金の調達にも適しています。

 

そんな魅力あふれる銀行のカードローン、何としてでも審査に通りたいという方は多いでしょう。
そこで今回は銀行系カードローンの審査に通るための条件やポイントについて解説していきたいと思います。

 

 

何故銀行のカードローンは審査が厳しいの?

 

そもそもな話ですが、何故銀行系カードローンは審査が厳しいのか、ご存知でしょうか?
融資商品は利用者が返済する際の利息で利益を上げています。
当然、利息が高ければ得られる利益も多くなり、逆も然りです。

 

しかし融資商品にはリスクがどうしてもついて回ります。
それが返済遅滞や不能、自己破産等による回収不能です。
貸したお金を回収できなければ利益がないどころか、大損してしまうことになります。
お金を貸す以上はそれらのリスクはある程度覚悟しなければいけませんし、銀行もそれを見越して貸付を行っています。

 

ですからそのマイナス分をカバー出来るだけの利益を、利息で確保しなければいけません。
当然ながら金利が低ければ得られる利益も少なくなりますから、万が一回収不能になった分をカバーできなくなる可能性も出てきます。
ですから如何に回収不能を出さないようにするかしなければいけなくなります。
その為には、キチンと返済能力がある人にのみ融資を行うことが不可欠となるわけです。

 

この様に銀行カードローンは貸し手としてのリスクが高いため、審査が厳しくなるのです。
ですから審査がゆるい銀行というのは先ずありません。

 

 

銀行系カードローンで審査通過するたもの条件は?

 

銀行系カードローンが厳しいからといって、誰も借りれないわけではありません。
実際に利用されている方は沢山いますので、基準をクリアさえすれば融資は受けられます。
では主にどのような基準をクリアしていると審査通過しやすいのか見ていきましょう。

 

過去や現在進行形でローンを組んだりクレジットカードを使用したことがある方は多いかと思います。
審査ではローンやクレジットの利用履歴も融資判断の材料としてチェックされます。
ここで重要となるのは過去に金融事故を起こしていないかどうかです。
返済を遅滞や強制解約、債務整理を行なったりなど何かしらのトラブルがある人は審査通過は難しいです。

 

トラブルがある人=信用出来ないと判断されますので、そのような人に貸し付けると自社も同じような被害にあるかもしれないからです。
逆に利用状況に問題がなく良好ですと審査に有利となります。
どんなに良い会社に勤めていても、どんなに高額な収入を得ていても金融事故1つあるだけで審査通過はほぼ不可能となります。・
まずは申し込み前に金融事故を起こしていないかチェックしましょう。

 

金融事故を起こしていなければ審査通過の可能性は高いです。
次にチェックしておきたいのは収入です。
カードローンなどローンの審査は収入が多いほうが通りやすいと言われています。
確かに収入が多いほうが返済能力も高いといえ審査通過するにも有利でしょう。
しかしだからといって収入の大小だけで融資が決定されるわけではありません。
様々な情報を総合的に判断した上で融資判断を下しますから、仮に収入が少なくても審査通過は可能です。
そして収入面では、どれだけ安定しているかを重点的にチェックしますので、金額の大小はあまり気にしなくても良いです。

 

安定しているというのは、月によって金額に大きな差がないこと、毎月滞り無く収入を得ていることを意味します。
先々月は50万円で先月は10万円、今月は30万円といったように、月毎に収入金額にバラつきがあると審査通過は難しくなります。

 

返済能力を知る上で勤続年数も重要となります。
1つの職場に長く働き続けていればそれだけ収入も仕事も安定していると見られやすく審査も有利に働きます。
逆に働き始めの方、頻繁に転職を繰り返している方は仕事が安定していないと見られやすく審査落ちの可能性も高いです。
勤続年数は最低でも1年以上、3年以上あるとかなり可能性は高くなります。

 

 

キャッシングするときは低金利を謳う悪徳業者に注意

 

カードローンの金利は基本的に銀行が一番安いです。
消費者金融などの貸金業者は、その銀行からお金を借りて融資しますので、銀行より安い金利で貸すことが出来ません。
正確に言うと出来なくもないですが、銀行に利息付きで返済しますので、貸し付ける金利を低くしてしまうと儲けが少なくなってしまうのでやらないのです。

 

ですから銀行よりも安い金利で融資をする貸金業者は先ず無いと思ってよいです。
しかしながら、何故か銀行よりも低金利で融資可能と謳っている貸金業者が稀に存在します。
中には銀行でも出来ないような超低金利で融資しているところもあるぐらいです。

 

どう考えても無茶な金利で貸付けする業者は、先ず疑ってかかったほうが良いです。
このような業者は審査が甘いので通りやすいですが、悪徳である可能性が非常に高いですから、絶対に手を出さないことです。
しかも質の悪いことに、大手銀行の行名に似せた会社名を名乗っているケースが多いので、勘違いして申込みしてしまい方も少なくないようです。
銀行よりも安い金利で融資する業社があったとしても申し込まないことですね。

アイフル

銀行系カードローン,審査


銀行系カードローン,審査

即日融資は平日14時までに契約完了が条件

審査結果によっては希望に沿えないこともあり