キャッシングに申し込んだ時、限度額ってとう決まる?

MENU

キャッシングに申し込んだ時、限度額はどうやって決まる?

キャッシングの限度額は法律と審査によって決められます。
自分がいくらのお金お借りることが出来るのかは誰もが気になる部分ではないでしょうか?
最初に借りれる金額はいくらになるのか、ここではキャッシングの初回限度額について解説していきます。

 

 

初回で借りれる限度額は10万円〜20万円が妥当

 

結論から言いますと、キャッシングで最初に借りれる金額は概ね10万円〜20万円になることが多いです。
もちろん高収入であればこれよりも多い限度額を設定して貰える場合も有ります。

 

カードローンは担保も保証人もありませんので、キャッシング会社は回収不能のリスクが高くなります。
万が一返済不能となってしまえば、回収できずに終わってしまいますから、利益が減るどころか大損してしまいます。
審査でが返済能力と信用力を基に融資判断を下します。
ですが念入りに審査を行なっても、その顧客がキチンと返済してくれるかどうかは分かりません。
もし返済しない時のことを考えリスクを最小限に抑えるためにも初回限度額は少なめに設定される事が多いのです。
信用できるか分からない人にお金を貸そうとは思わないでしょうし、仮に貸してもいきなり高額なお金を貸そうとは思わないでしょう。

 

 

キャッシングの限度額はどのようにして決まるの?

 

キャッシングやカードローンを利用するで、初回限度額はいくらになるのかは非常に気になるところです。
自分が希望する金額だけでも借りれればよいですが、希望した金額よりも少ないと困りますよね。

 

ではその限度額はどのようにして決まるのでしょうか?
これは消費者金融と銀行で決められ方が違うようです。

 

キャッシングやカードローンの商品案内ページを見ると、「最大500万円まで融資可能」「300万円まで借りれます」といったように、最大融資額が記載されていることが多いです。
これだけを見ると「500万円まで借りれるのか」「よし300万円借りよう」と思ってしまう方は多いです。
確かにその提示している金額までは融資してくれますが、これはあくまでもその業者が出せる最大の金額であり、希望すれば誰でも借りれるわけではないのです。

 

消費者金融の場合は総量規制によって利用限度額が制限されます。
個人が消費者金融から借り入れできる上限金額は年収の3分の1までとなります。

 

例えば年収300万円の人なら借り入れできる上限金額は100万円までということです。
ここで注意していただきたいのが、上限額は1社からではなく他社借入を含めた合計額ということです。
上記の例でみれば既に他社から50万円の借り入れがある場合は、新たに借り入れできる金額は50万円までということになります。

 

但し、銀行カードローンの場合は総量規制の対象外となります。
ですから100万円以上の借入も可能です。

 

利用限度額のもう1つの決め方は審査です。
各金融機関ごとに融資限度額の決め方が異なります。

 

申し込み時に申告された氏名・年齢・生年月日・年収・勤続年数・雇用形態・職業・他社借入状況・過去の返済履歴など、これらの情報を元に返済能力はあるかどうか、いくらまでなら貸しても大丈夫かと判断します。
会社ごとに限度額を決めるための基準があります。
基本的に年収が高い方や、勤続年数が長い方、正社員の方、他社借入がない方は利用限度額が高くなる傾向にあります。
これに対し、定収入の方や非正社員の方は限度額が少なめに設定されがちです。

 

 

カードローンの限度額は増えることもあれば減ることもあるって本当?

 

初回限度額は法律と審査によって決定されます。
しかしこの限度額は、一度決定されたら一生そのままというわけではありません。
その後の利用状況によっては増額することも出来ますし、その逆で減額されることもあります。
ではどのような時に、利用限度額が増額・減額するのか解説していきます。

 

利用限度額が増額されるのは、キャッシング会社に優良な顧客と判断された時です。
キャッシング会社は顧客に貸し付け利息で利益を得ています。
ですから適度に借り入れしてまじめに返済してくれる人は優良な顧客と言えます。

 

初回の借り入れから約半年〜1年前後で増額になることが多いです。
キャッシング会社が「この人は利用履歴が良好だから増額しても大丈夫そう」と判断すると、増額の案内を行ないます。
この案内が来ればほぼ増額できる可能性があると思ってよいです。
もちろん案内が来なくても自分から申請して限度額を増額してもらうことも可能です。
但し増額するにも審査があり、当然それをクリアしないと増額は出来ません。

 

では逆にどのような人が減額されやすいのか見ていきましょう。
減額される基準は増額の時とは真逆です。
毎回返済に遅れる、督促しても支払わないといった状態が続くような人です。
このような人は限度額を減額されやすいです。